Blog

フレア・ネットワーク インフラストラクチャ拡張進行中!

Graphic design by Mateusz Skrzypiec [X: @nikodemfocus]

著者: FocusTSO Team

1.イントロ

FIP.01改正案のコミュニティによる承認から始まり、これはトークンの配布方法に変更を導入しました。そして、プルーフ‧オブ‧ステーク合意形式への移行プロセスの開始に至り、このプロセスは現在3段階の移行の第2段階にあります。

その間に、コミュニティとエコシステムは大幅に成長しました。多くの新しい教育コンテンツが作成され、多くの新しいパートナーシップや、ネットワーク上でソリューションを構築している新しいプロジェクトが発表されました。

これらすべては、ネットワークが常に進化しており、現在の2024年がさらに興味深い年になることを示しています。今後の変更とアップグレードには以下のものが含まれます:

  • フレア‧タイムシリーズオラクルプロトコルの改善
  • プルーフ‧オブ‧ステーク合意形式への移行の完了
  • FAssets(デルタニュートラルな合成資産で、それ自体はスマートコントラクト機能を持たないトークンにスマートコントラクト機能を可能にする)の導入
  • LayerCakeプロトコルのリリース、これにより他のネットワークでこれらのトークンを使用できるようになります(トラストレスクロスチェーン機能)

開発者たちは、これらのソリューションを2024年末までに提供し、その後もネットワークの開発を続け、人工知能との組み合わせなど他のアプリケーションにも使用する予定です。これらはAIの機能を向上させるまったく新しいソリューションであり、ブロックチェーン技術のおかげでのみ可能になります。AIの既存の問題、例えばモデルの共有に関する信頼とインセンティブなどは、実際にはブロックチェーン技術によって改善される可能性があります。

これらの変更は、以前のブログで詳細に議論されており、皆さんに読んでいただくことをお勧めします。しかし、最近のGoogle Cloudとのコラボレーションの文脈で、フレア‧ネットワークインフラストラクチャの進行中の開発に注目を移しましょう。

2.インフラストラクチャプロバイダーとしてのGoogle Cloud

フレアとGoogle Cloudのパートナーシップは、業界におけるフレア‧ネットワークの認識に影響を与える重要な出来事であり、その威信を高め、機関投資家の間での認知度を向上させています。このパートナーシップの利点は、単にイメージ関連(PR)に限られるものではなく、フレア·ネットワークのセキュリティと安定性を確保することも含まれます。協力自体が興味深いのは、Google Cloudがフレア‧ネットワーク上でインフラストラクチャプロバイダーの役割を引き受けることに決めたためで、これはフレア‧ネットワークチェーン上で新しいブロックを提案し検証し、プルーフ‧オブ‧ステーク合意形式メカニズムに貢献し、オラクルプロトコル(フレア‧タイムシリーズオラクル)へのデータ提供を行うことを意味します。

いわゆるインフラストラクチャプロバイダー(IP)は、彼らの検証サービスに対して料金を請求し、蓄積された報酬の残りの部分を、自分たちの選んだバリデーターに資金を委託する他の参加者と共有します。さらに、IPはフレアの分散型価格オラクル(FTSO)に貢献し、エンドユーザーに無料で価格などのデータを提供します。

インフラストラクチャプロバイダーは、単一のFTSOユニットに最大4つの検証ノードを接続して運用することができます。

インフラストラクチャプロバイダーの役割は、価格や時系列データ、チェーンイベントや状態データ、Web2 APIデータなどの分散型データへの信頼性の高いアクセスをフレア‧ネットワークおよび他のブロックチェーンネットワーク上の分散型アプリケーションに提供するというフレアのミッションを達成するために不可欠です。

3.Googleによるフレア‧プロトコルの潜在的な利用

Google Cloudのようなこのカリバーのプレイヤーにとって新しいのは、新しいフレア‧パートナーが引き受けるこの二重のIP役割です。このパートナーシップはまた、より多くの関心と新しいパートナーシップを引き付けるべき緑の光でもあります。

信頼できる分散型データのより広範な使用の必要性があり、これは間違いなくFTSOプロトコルによって提供されています。現在のデータ提供ソリューションは、その中央集権的な構造のためにかなり信頼性が低い(これについては前の投稿で書きました)。

日本では報道されていない?内容だと思いますが、数週間前のポーランド通貨PLNの不正確な価格提供の事故は、不正確なデータ提供の顕著な例です。

振り返ると、1月1日月曜日にユーロとドルのPLNに対する為替レートを確認したインターネットユーザーは衝撃を受けました — ユーロは予想外に5PLN以上に急騰し、ドルは4.87PLNになると予測されました。(これは30%以上のインフレに相当します。)

Googleによると、このエラーは価格提供者の一人から発生しました。このようなサービスの失敗は珍しくありませんが、為替レートに関するこれほど深刻なエラーは比較的稀です。

Googleの検索エンジンによるPLN通貨レートの誤った提供は、特定の投資家や通貨ローンの保有者の間で懸念を引き起こしました。不正確なレートが一貫して提供されたシナリオの影響は特に深刻です。このような場合、不安と不確実性がエスカレートし、外国為替市場での投機が激しくなる可能性があります。PLNの地位の低下が顕著になり、ポーランドの経済状況を危険にさらす可能性があります。

信頼できる分散型データのより広範な使用の必要性があり、これは間違いなくFTSOプロトコルによって提供されています。現在のデータ提供ソリューションは、その中央集権的な構造のためにかなり信頼性が低い(これについては前の投稿で書きました)。

 

https://flr.globalfcx.com/flare-%E3%81%AF-oracle-%E3%81%AE%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B/

 

Source: Rzeczpospolita on-line , Kurs PLN/EURO i Polski Minister Finansów

残念ながら、多くの人気のあるインターネットポータルやアプリケーションは、通貨為替レートをGoogleから自動的に取得しています。その結果、ポーランド通貨の誤った為替レートは広範囲に伝わりました。正常に戻ったのは1月2日のことでした。

この状況は十分に深刻で、ポーランドの財務大臣が介入しました。彼はポーランド通貨には何も問題がなく、心配する必要はないことを保証しました。また、混乱の原因であるGoogleを指摘しました。

全記事はこちらで読むことができます(ポーランド語):https://tvn24.pl/tvn24-news-in-english/google-poland-blames-zloty-exchange-rates-turmoil-on-external-data-providers-7683628

将来、Google Cloudがフレア‧ネットワーク上でインフラストラクチャプロバイダーとしての役割を果たし、FTSOシステムを「内部から」テストした後、GoogleがそのサービスでFTSOによって提供される分散型データを使用することを決定する可能性があります。残念ながら、それを実現するにはまだ時間が必要です。しかし、FTSOが2年以上にわたって無故障で運用されていることから、私たちは確実に正しい方向に進んでいます。そして上述の状況が示したように、Googleはその信頼性とWEB3の成長し急速に発展する世界における位置を維持するために、信頼できるデータが必要です。

4.FocusTSOがフレア‧ネットワークのインフラストラクチャを拡張!

Google Cloudのような著名な機関投資家が存在するにもかかわらず、フレア‧ネットワークにはインフラストラクチャの開発に投資する小規模なエンティティの数が増加しています。この多様化した参加は、ネットワークの活力と成長の証です。この拡張の最近の例には、以下のプロバイダーによるインフラストラクチャの向上が含まれます:Bifrost WalletFTSO AUFlare OracleSolidiFiOracle Deamon。さらに、ポーランドのフレア‧ネットワークコミュニティの代表であるFocusTSOチームは、自己担保860万FLRの第二バリデーターを立ち上げることにより、ネットワーク参加者に利用可能なステーキングのためのFLRの容量を1億2900万以上に拡大するという積極的な一歩を踏み出しています。

  1. このアップグレードのおかげで、新しい委任を受け入れ、成長する需要に応えるためのより多くの自由なスペースを確保することができます。

    FocusTSOのオリジナルバリデーターは、立ち上げ以来、完璧な100%の稼働時間を維持しており、ネットワークと委任者の双方に間違いなく価値を提供しています。その揺るぎないパフォーマンスは、ネットワークのセキュリティと分散化を強化し、委任者が彼らのステークの完全な報酬を一貫して得ることを保証しています。FocusTSOチームによる第二バリデータの立ち上げは、ネットワークの回復力を大幅に強化し、その分散化に大きな貢献をしています。

    FocusTSOバリデーターのアドレス:

    • バリデーター1: D3QKd6XxLnrKowkziZJSG4RNLtffz8ESk
    • バリデーター2: G5kkF5H1AGaY3n9h9PCXdiFqjyP1jYhJW

     

    5.おわりに

    インフラストラクチャの分散化と、地理的およびエンティティのタイプ/サイズの観点での多様化により、フレア‧ネットワークはより安全で信頼性の高いものとなります。

    現在、Google Cloudはそのセグメントで先駆者として立っていますが、Web3.0が進化し続ける中で、ネットワーク上にこのカリバーの追加プレイヤーが登場することが予想されます。

    FocusTSOチームは、フレア‧ネットワークが主導する変革的な「データのためのブロックチェーン」革命に積極的に参加できることを非常に誇りに思っています。世界最大級の企業の一つと並んで同じタイプのサービスを提供する機会は、私たちに大きな誇りを与え、フレア‧ネットワークで選択した開発の道が正しいことを強く確信させてくれます。

    最後に、変わらぬ支援と信頼を寄せてくださるコミュニティに心からの感謝を表したいと思います。私たちはこれまでのサービスの卓越した品質を維持するために最善を尽くすことを誓います。

    FocusTSOチーム

    リソース:

    1. FIP-01リファレンスガイド
      https://flare.network/fip-01-reference-guide/
    2. フレアがGoogle CloudをネットワークバリデーターおよびFTSOへの貢献者として迎える
      https://flare.network/flare-onboards-google-cloud-as-network-validator-and-contributor-to-the-ftso/
    3. フレアでの公開ステーキングが開始
      https://flare.network/public-staking-on-flare-is-live/
    4. フレア‧ネットワークのインフラストラクチャに関するドキュメント
      https://docs.flare.network/infra/data/
    5. 「RP.pl」に掲載されたユーロの為替レートが5ズウォティ以上に上昇したという誤報についての記事
      https://www.rp.pl/waluty/art39643341-kurs-euro-wystrzelil-powyzej-5-zlotych-to-blad-google
    6. 「TVN24」に掲載された、Googleポーランドがズウォティの為替レートの混乱について外部のデータプロバイダーを非難したという記事
      https://tvn24.pl/tvn24-news-in-english/google-poland-blames-zloty-exchange-rates-turmoil-on-external-data-providers-7683628
    7. 「Medium」に掲載された「オラクルに対するフレアのソリューション」という記事
      https://medium.com/@focusfcx/is-flare-a-solution-for-oracle-b2cc8d19c656

2024 FCX Focus All Rights Reserved