Blog

フレア・ネットワークのFAssetsへの旅

Graphic design by Mateusz Skrzypiec [X: @nikodemfocus]

Author:Andrzej Mackowiak( @focus_kermit ) ; Translation: @JYE_BR8

1.イントロ

フレアネットワークの創設者たちは、安全かつ確実なブロックチェーンの相互運用性を可能にするという使命に揺るぎない決意を示してきました。相互運用性とは、ユーザーが異なるネットワーク間で資産や情報を中間者なしでシームレスに転送できることを意味します。

この使命の目標の一つは、スマートコントラクト機能がないネットワークに閉じ込められた価値を、安全でトラストレスな方法でこの機能を提供することによって解放することです。

フレアネットワークチームは、今日のブロックチェーン界が直面している問題を解決するためにユニークなアプローチを取っています。既存のプロトコルに基づいて構築するのではなく、Layer-1レベル(特定のネットワークの基本的なプロトコルであり、合意形態、トランザクションの検証モデル、ブロック構造、およびその他の基本的な側面を包含する)で独自のソリューションを導入することを決定しました。言い換えれば、Layer-1は、その上にすべての他の機能やアプリケーションが構築される基盤です。

この安定した方法論的アプローチは、過去数ヶ月間に達成された著しい進歩によって証明されるように、一貫した持続可能な開発につながっています。

これまでにリリースされたすべてのプロトコルは、ネットワーク間の安全でシームレスな相互運用性を提供する今後のFAssetsシステムの重要なコンポーネントであり、まずテストネットで、次にカナリアネットワーク — ソングバードで、そして最終的にフレアメインネットで入念にテストされました。

ネットワークの個々のコンポーネントとFAssetsシステム自体をもう少し詳しく見てみましょう。

2.FAssetsシステムとは何ですか?

Source: www.flare.network

FAssetsは、基本的には他のブロックチェーンからのオリジナルトークンのラップされたバージョンで、フレアの用語では基礎となるネットワーク(underlying network)と呼ばれます。

FAssetsシステムを使用することで、現在この機能を持たないトークンにスマートコントラクト機能を追加することができます。その結果、FAssetsの背後にある会社であるFlare Labsによって開発されたソリューションにより、ユーザーはこれらのトークンの潜在的な価値を解き放ち、現在暗号通貨の主な使用例であるDeFiとNFT市場を開放するだけでなく、分散型アプリケーションでの使用を可能にし、トランザクションにロジックを導入することができます — 可能性は無限大です!

FAssetsシステムにおける基礎資産(underelying assets)は、BTC、DOGE、XRPなど、基礎となるチェーンからのオリジナルトークンです。FAssetsシステムでは、基礎資産は「F」の文字で接頭されます。例えば、BTCの場合はFBTC、XRPの場合はFXRPなどです。各FAsset(例:FXRP、FBTC、FDOGE)は、オリジナルの対応物と同じ市場価値を持ち、いつでも安全に対応する基礎資産と交換することができます。これは、損失のリスクなしに行われます。

FAssetsシステムは、BTC、XRP、DOGEのようなトークンに信頼できる方法でスマートコントラクト機能を提供し、強力な担保メカニズムを活用します。ネイティブのFRL/SGBアセットでそのUSD価値の少なくとも200%の担保が必要という特定の要件のため、広範な使用はフレアネットワークに大きな価値の流入をもたらすでしょう。非スマートコントラクトプロジェクトの推定市場資本化は現在約8000億ドル(日本円で約120兆円1ドル149円換算)であり、FAssetsシステムによって各基礎資産の資本化の一部が利用される場合、フレアネットワークの価値に大きな影響を与えるでしょう。

3.FAssetsシステムのコンポーネント

FAssetsシステムの開発には、その運用に不可欠となるプロトコルの事前実装が必要であり、その機能を有効にします。厳格で入念なテストに続き、フレアタイムシリーズオラクル(FTSO)、ステートコネクター、そして今後導入されるLayerCakeプロトコルなどのプロトコルの導入は、FAssetsシステムによって促進されるブロックチェーンのシームレスで安全な相互運用性を実現するフレアのネットワーク目標を達成するための道を開きます。

FAssetsシステムで実装され、利用される最初のプロトコルは、フレアタイムシリーズオラクル(FTSO)プロトコルです。これは、フレアネットワークにデータを提供する上で重要な役割を果たします。その創設者はこれをネットワークの「心」と呼んでいます。FTSOは確率的データを提供します。これは、真実であるか正確である可能性や確率が割り当てられたデータです。このタイプのデータは、将来のイベントや結果を予測または推論するために使用できます。確率的データの例には、天気予報、価格予測、症状に基づく医療診断などがあります。

FTSOプロトコルは2021年後半にソングバードネットワークで立ち上げられました。フレアメインネットの立ち上げまでのほぼ2年間、プロトコルはカナリアネットワークを使用して実際の市場でテストされました。今日に至るまで、それは18の暗号通貨ペアの正確な価格を分散型で提供し続けており、無故障で運用されています(FTSOによって提供される価格の品質の分析と、Kraken取引所からの価格との比較 — リンク以下)

https://flare.network/wp-content/uploads/FTSO_Kraken.pdf

FTSOプロトコルは間もなく更新され、dAppsが要求に応じて数千の資産の価格を1ブロック(つまり、数秒ごと)の頻度で提供できるようになります。

FTSOプロトコルの分散化は引き続き進行中であり、新しい独立したデータプロバイダーが参加しています。彼らの任務は、様々なオフチェーンおよびオンチェーンソースからデータを収集し、それを分析し、将来の結果を予測し、その結果をブロックチェーンに送信することです。現在、ネットワーク上で約70のデータプロバイダーが運用されています。それぞれが異なる価格予測アルゴリズムと独立したインフラストラクチャを持っているため、一部または複数のプロバイダーがダウンタイム/乗っ取りに遭遇しても、ブロックチェーン上で提供されるデータの安定性と信頼性には影響しません。これにより、FTSOプロトコルは市場で唯一完全に分散化された価格オラクルとなっています。

FAssetsの開発にとって不可欠だった別のプロトコルは、ステートコネクターです。このプロトコルは、他のブロックチェーンやオフチェーンデータソースからの決定論的データを提供します。

決定論的データとは、真実性と正確性が既知で変わらない情報のことです。これは、正確に予測および計算することができることを意味します。決定論的データの例には、数学の公式、物理法則、コンピュータアルゴリズムなどがあります。私たちが「はい」または「いいえ」、「1」または「0」のように二項的に何かを尋ねるとき、決定論的データによって明確な回答を得ることができます。

ステートコネクターは、市場で利用可能な他のオラクルシステムよりも高いセキュリティ、柔軟性、および高速処理を提供します。他のプラットフォームとの統合と新しいアプリケーションの作成を可能にするため、フレアネットワークの重要な要素です。

ステートコネクタープロトコルの主な強みは、接続されたブロックチェーンの再編成リスクを軽減しながら、トランザクションの合法性と履歴を検証する能力にあります。このレベルの相互運用性は、中央集権認証が不要で達成され、非常に安全で分散化されたプロトコルを結果としています。

2023年2月には、両方のプロトコル(FTSOおよびステートコネクター)の実用的な応用のデモンストレーションを見る機会がありました。異なる暗号通貨を使用してNFTを購入する際に、その使用が提示されました。NFTはシームレスに購入され、異なるトークンを使用して別のチェーン上でトランザクションが行われました。デモンストレーションはソングバードカナリアネットワークで行われ、DOGEおよびXRPトークンを使用して購入が行われました(デモへのリンクは以下)

 

LayerCakeプロトコルは、安全で保護されたクロスチェーン機能を提供し、今日の暗号通貨界が直面している二つの大きな問題、すなわち前述した相互運用性とクロスチェーンの組成可能性を解決します。これにより、開発者は異なるチェーンの機能を組み合わせて革新的なアプリケーションを構築できるようになります(レゴブロックを組み合わせるのと同様)。LayerCakeプロトコルのおかげで、FAssetsを他のエコシステムに転送することが可能になります。このプロトコルの利点は、その速度、効率、スケーラビリティ、およびセキュリティにあります。

 https://flarelabs.org/

Layercakeプロトコルを使用した各転送は、実際に転送される資産(例えばSOLやETH)の形で、転送時(トランジット中)に1:1の比率で保険がかけられます。このセキュリティは、可能な限りの最小遅延で動作し、他方を信頼する必要がない(トラストレス)、トランザクションの他の参加者の不適切な行動の場合の資金損失のリスクを排除するブリッジを構築することを可能にします。

LayerCakeは、マルチシグネチャ(複数署名)、任意の管理役割、またはシステム内の信頼できる第三者を必要としないソリューションです。プロトコルを使用した転送は、ブロックチェーンの再編成に対しても保護を提供します。交換の完了と返却された資産がユーザーのアカウントに配置された後、担保は解除され、次のクロスチェーン交換での使用の準備ができます。

LayerCakeプロトコルの使用の具体的な例をいくつか挙げます:

  • 異なるDeFiプロトコル間での資産の転送: LayerCakeプロトコルは、Uniswap、Compound、Aaveのような異なるDeFiプロトコル間で資産を転送するために使用できます。これにより、ユーザーはより幅広い範囲のDeFiサービスと製品にアクセスできます。例えば、ユーザーはLayerCakeプロトコルを使用して、より高い利息を得るためにUniswapからCompoundへ資産を転送できます。
  • 異なるブロックチェーン間での資産の転送: LayerCakeプロトコルは、EthereumとSolanaのような異なるブロックチェーン間で資産を転送するために使用できます。これにより、ユーザーは異なるブロックチェーンの異なる特徴、例えば速度、スケーラビリティ、セキュリティを利用できます。例えば、ユーザーはLayerCakeプロトコルを使用して、Solanaのより速いトランザクション速度を利用するためにEthereumからSolanaへ資産を転送できます。
  • クロスチェーンスワップの作成: LayerCakeプロトコルは、異なるブロックチェーン間で資産を容易かつ効率的に交換するクロスチェーンスワップを作成するために使用できます。これにより、ユーザーは中央集権型の取引所を経由せずに資産を交換できます。例えば、ユーザーはLayerCakeプロトコルを使用して、Binanceのような中央集権型の取引所を使用せずにETHをSOLにスワップできます。
  • 分散型取引所への流動性の提供: LayerCakeプロトコルは、分散型取引所に流動性を提供するために使用できます。これにより、取引所はより幅広い範囲の資産とユーザーにとってより良い価格を提供できます。例えば、ユーザーはLayerCakeプロトコルを使用して、Uniswapのような分散型取引所に流動性を提供できます。これにより、取引所はより幅広い範囲の資産とユーザーにとってより良い価格を提供できます。
  • クロスブロックチェーンゲーミングの可能性: LayerCakeプロトコルは、ゲーム業界で使用され、ゲーマーが異なるブロックチェーン上のゲームで自分の資産を使用できるようになります。これにより、ゲーマーは異なるブロックチェーン上のゲームをプレイできるようになり、異なるブロックチェーン間で資産を転送する必要がなくなります。例えば、ゲーマーはLayerCakeプロトコルを使用して、Solana上のゲームで自分のETHを使用できます。
  • クロスチェーン支払いの可能性: LayerCakeプロトコルは、異なるデジタル通貨でのクロスチェーン支払いを可能にするために使用できます。これにより、ユーザーは中央集権型の取引所を経由せずに異なるデジタル通貨で支払いを行うことができます。例えば、ユーザーはLayerCakeプロトコルを使用して、Solana上のユーザーにETHで支払いを行うことができます。

LayerCakeは、安全で迅速、信頼できる仲介者を必要としないクロスチェーン転送を可能にする革命的なソリューションであり、開発者が多様なブロックチェーンを接続し、シームレスな資産交換を促進し、信頼できる仲介者の必要性を排除することで、以前は不可能だったアプリケーションを作成できる力を与えます。これにより、dAppsが世界とどのように相互作用するかが革命的に変わることになります。

FAssetシステムを構築するには多くのコンポーネントが必要であったため、これらのコアコンポーネントの信頼性のある機能を確保するために徹底的なテストが必要でした。これは、プレミアムな宣伝や導入を急がずに段階的な実装を優先するクリエイターの責任あるアプローチを示しています。

フレアネットワークの信頼できるクロスチェーン相互運用性を長年待ち望んだ後、ついにこのソリューションに関するアップデートが届きました。システムは現在、テストネット上でプライベートベータテスト中であり、2024年第1四半期の終わりに完了する予定です。

公開されたドキュメントでは、FAssetsシステムの動作方法の詳細が明らかにされました。これについて以下で説明します。

4.FAssetsシステムの役割

これまでに、フレアネットワーク上でのFTSOデータプロバイダーバリデーターなどの役割について学びました。これらの役割を同時に担うエンティティは、インフラストラクチャプロバイダーと呼ばれます。FAssetsシステムの登場により、ネットワーク上にも新しい役割が現れます。FAssetsシステムには新しい主要な役割があります。各役割には、システムのスムーズな運用を保証するために関連する異なる一連の責任があります。

ユーザー(ミンター/リディーマー):

  • ミンティング(Minting):ユーザーは、基礎資産をエージェントのアドレスに預け、ミンティング手数料を差し引いた同等の量のFAssetsと交換します。ミンティング手数料は、エージェントと担保プールの間で分割され、担保プールはその手数料をFAssetsで受け取ります。この操作中、ユーザーは「ミンター」と呼ばれます。
  • リディーミング(Redeeming):ユーザーはFAssetsをシステムに返し、エージェントのアドレスから支払われる基礎資産の同等の量と交換します。エージェントが基礎資産を期限内に支払えない場合、FAssetsシステムはエージェント格納庫または担保プールからリディーマーに支払い、プレミアムを加算します。価格変動があっても常に償還が可能であることを保証するために、担保の総価値は常にミンティングされたFAssetsの価値よりも高いです。この操作中、ユーザーは「リディーマー」と呼ばれます。

エージェント(Agent):

  • エージェントは、FAssetトークンの作成と償還を助けます。
  • エージェントは、FAssetトークンをミントするために担保をロックします。
  • ミンティングされたFAssetsが流通している間、彼らは基礎資産($BTC、$XRP、$DOGE)を保持します。
  • エージェントは、基礎資産を保有するアカウントを管理します。
  • 彼らは担保の主要部分を提供し、ユーザーがそれらを償還する際に基礎資産を支払います。
  • FAssetsシステムに参加するためには、エージェントはガバナンスによって検証され、KYC検証を通過する必要があります。
  • エージェントが検証されると、その管理アドレスが承認されたエージェントリストに追加されます。

担保提供者(Collateral Providers):

  • 誰でも、エージェントの担保プールにネイティブFLR / SGBトークンを提供することで、FAssetsシステムに参加し、担保提供者になることができます。
  • これらのトークンがプールにロックされている限り、担保提供者はそのプールを使用してミンティングされたFAssetsによって生成される各手数料の一部を受け取ります。

清算人(Liquidator):

  • エージェントの担保が必要最小限を下回ると、清算状態に入ります。
  • この状態では、清算人はエージェントの格納庫および担保プールから担保と交換にFAssetsをシステムに送ります。
  • 受け取った担保は、送信されたFAssetsの価値とプレミアムを合わせたものと同じ価値を持ちます。
  • 清算人によって送信されたFAssetsは焼却され、エージェントの担保がカバーする必要があるFAssetsの量が減少します。
  • エージェントの担保が安全マージンを超えると、清算状態は終了します。
  • 誰でも清算人になり、FAssetsシステムの安定性に貢献し、同時に報酬を得ることができます。

チャレンジャー(Challenger):

  • エージェントがシステムを悪用している場合、チャレンジャーは証拠を提供し、その結果エージェントは罰せられます。
  • 彼らは、エージェントの基礎アドレスを監視し、担保比率を下回る基礎資産の量を減少させる不正取引を検出します。
  • チャレンジャーが不正取引を検出した場合、彼らは報酬と交換にFAssetsシステムに証拠を提供します。
  • 違反したエージェントは完全な清算状態に入り、エージェントの格納庫は新しいミンティングから永久にロックされます。
  • 誰でもチャレンジャーになり、FAssetsシステムの安定性に貢献し、同時に報酬を得ることができます。

これらの役割はすべて、フレア財団とは独立したエンティティによって運営されること、そして上記の役割にリストされた各参加者がFAssetsシステムへの参加と引き換えに手数料を稼ぐことができるようになることに注目する価値があります。

5.FAssetsシステムの詳細

フレア·データ配信システム(FTSO)によってサポートされる任意のトークンがFAssetになることができます。現在、FTSOプロトコルはUSDとの18のトークンペアをサポートしており、そのうち4つのトークンはスマートコントラクト機能を持っていません:XRP、DOGE、BTC、LTC、およびXLM。

以前述べたように、FTSOプロトコルは間もなく更新され、数千の通貨ペアへのアクセスを提供する予定です。これは、スマートコントラクトを持たない任意の資産がFAssetsシステムに統合される可能性があることを意味します。

FAsset資産は、形式的にはデルタニュートラルな合成資産です。実際には、これらの資産は基礎資産の市場価値の変化に対してバランスの取れた露出を持ち、FAsset資産自体の価値の変化にさらされることなく、そのリスクを反映します。これらの金融商品は、デルタをゼロに保つように特別に設計されています。

この文脈でのデルタは、その基礎となる楽器の価格の変化に対する楽器の価格の感度を表します。その結果、デルタニュートラルな楽器は、基礎となる楽器の価格の変動に対する抵抗力を示します。

5.1. FAssetsシステムにおける担保システムの仕組み

FAsset資産は、それらがミントされるネットワークの安定コイン(USDT、USDC)およびネイティブトークンによって担保されます。フレアネットワークの場合はFLRトークン、ソングバードカナリアネットワークの場合はSGBトークンです。将来的には、フレアネットワークガバナンスによって承認された任意のERC-20トークンが担保に使用される予定です。

FAssetsは、契約にロックされた担保を使用して最低150%でミントおよび担保されます。これは次のことを意味します:

  • いつでもFAssetsをそれに対応する基礎資産(BTC、XRP、DOGE)と交換する能力。
  • FAssetsを基礎資産と交換できない場合、ロックされた担保からの補償の保証。

要約すると:FAssetsは、ロックされた担保の形でのセキュリティ保証を伴い、フレアネットワーク上で他のブロックチェーンの資産を所有する分散型の方法を提供します。

5.2. FAssetsシステムにおける担保の種類

FAssetsの担保はスマートコントラクトにロックされており、それによってミントされたFAssetsは常にそれが表す基礎資産に対して償還されるか、または担保を使用して補償されることが保証されます。FAssetsシステムは、その安定性と信頼性を共に保証する2種類の担保に依存しています。

  • エージェント格納庫担保
  • コミュニティ担保プール

この担保ソリューションは、ユーザーに安定性とセキュリティを提供し、市場の変動リスクに対する保護と信頼性の高い運用を保証します。このソリューションは、ボルト内の資産の価値が急激に下落し、基礎資産をカバーするのに不十分になる可能性のある場合に機能するように設計されています。

Source: flare.network

5. 3. エージェントボルト担保

エージェントは、フレアネットワーク上の自分たちのボルト(格納庫)担保に独立して担保を提供します。

フレアネットワークのガバナンスは、安定コイン(例:USDC、USDT)や他の流動性の高いフレアネットワークトークンなど、異なる種類の担保を許可します。エージェントは承認されたタイプのうちの1つを選択し、それを自分たちの格納庫に割り当てます。担保タイプの後での変更は可能ではありませんが、エージェントは異なる種類の担保を持つ新しいボルト(格納庫)を作成できます。

各担保タイプには以下が関連付けられています:

  • 対応するERC-20トークン
  • 担保化比率
  • FTSOシステムから価格を取得する方法

ガバナンスは投票によって担保タイプを追加または削除できます。特定の担保タイプがガバナンスによって撤回される場合、エージェントは資産をサポートされているタイプに変換する必要があります。

各ボルト(格納庫)は基礎チェーン上にユニークなアドレスを持ち、これをエージェントアドレスと呼びます。これはFAssetsを作成する際に基礎資産が送られる場所であり、また基礎資産を償還する際に基礎資産が受取人に送られる場所でもあります。

ボルト(格納庫)内の担保の価格が、発行されたすべてのFAssetsを完全にカバーするのに十分でないように変化する場合、清算メカニズムはバランスを回復するために十分な数のFAssetsが焼却されることを保証します。

5. 4. コミュニティ担保プール(CCP)

コミュニティ担保プール(Community Collateral Pool)は、エージェントとネイティブFLR/SGBトークンの保有者の両方が参加できるプールです。これは、価格の急激な変動が発生し、清算が不均衡を時間内に修正できない場合の追加のカバー源を提供します。

CCPは常にネイティブネットワークトークンで構成されます:

  • フレアネットワークの場合 — FLR
  • ソングバードネットワークの場合 — SGB

これらのトークンは、清算および失敗した実行のための追加の担保源として使用できます。誰でもこのプールにネイティブトークンを提供することでFAssetsシステムに参加できます。

5.5. 担保プールトークン(CCT)

コミュニティ担保プール(CCP)に参加し、ネイティブトークン(FLR / SGB)を提供することで、提供者は担保プールトークン(Collateral Pool Tokens)を受け取ります。これらのトークンは、特定のエージェントのプールへの参加の証明です。

CPTは、特定のエージェントおよび担保プールに割り当てられたERC-20トークンです。提供者は、プールへの参加からガバナンスによって決定された期間後に、CPTをFLR / SGBと交換したり、転送や取引を行うことができます。

さらに、CPT保有者は、エージェントが資産発行から得た手数料の一部を受け取る権利があります。CPTトークンがERC-20トークンであるため、それらに対して二次市場が形成されることが期待されます。

CPTが表すFAssetの手数料よりも価値が高くなる場合、提供者にとってはFAssetsを返して手数料から借金の一部を支払う方が利益になるかもしれません。

CPTトークンは、プールを離れることでいつでもプールから引き出すことができますが、手数料の借金を超える部分のみが他のアカウントに転送されます。したがって、提供者が保有するCPTは、以下の2種類に分かれます:

  • 転送可能 — 時間ロックが満了し、手数料の借金がないトークンは転送可能です。これは、他のERC-20トークンと同様に自由に転送および交換できることを意味します。
  • ロック — トークンはプール内の担保の一部の所有権の証明としてのみ機能し、転送または交換することはできません。

ロックされたCPTトークンにはいくつかのタイプがあります:

  • タイムロック:時間ロックが満了していないトークンは、転送可能または償還可能になるまで待つ必要があります。
  • 負債ロック:提供者の借金よりも少ない手数料の量を表すトークンは、借金を伴って転送することはできません。プールに新しい手数料が支払われるにつれて、以前に借金ロックされていたトークンの一部が転送可能になります。これらのトークンは、手数料の借金を部分的または完全にカバーするためにプールにFAssetsを追加することで、転送可能になることもあります。

5.6. FAssetsミンティング手数料と手数料の負債

FAssetsの作成プロセス中、ユーザーは基礎ネットワーク(例:BTC、XRP、DOGE)上でミンティング手数料を支払います。この手数料の一部はエージェントに行き、基礎ネットワーク上に残りますが、(CCP)担保プールに属する部分はフレアネットワーク上で対応する量のFAssetsのミンティングをトリガーします。

ミンティング手数料からの収益は担保プールに追加され、そこで担保提供者の間でCPTトークンの保有量に応じて分配されます。

5.7. 提供者による手数料の回収

提供者は、いつでもプールから自分の手数料のシェアを取り戻すことができます。ただし、以下の点に注意することが重要です:

  • 提供者がプールに入った後に発生した手数料のみが提供者に帰属します。
  • 既存の手数料を持ってプールに入る提供者には、手数料の借金が割り当てられます。
  • プールから実際に引き出すことができる手数料の量は、プール内の手数料の総額からその借金を差し引いたもので計算されます。
  • 提供者が手数料のシェアを引き出すと、その借金は同じ額だけ増加します。

5.8. 担保比率

担保比率は、ある時点でエージェントが保持する基礎資産の総価値に対する、担保として使用されるすべてのトークンの価値の比率です。エージェントボルト担保とコミュニティ担保プールの両方に独自の担保比率があり、基礎資産と担保の価値が変動するにつれて常に変化します。これらの値はFTSOシステムを使用して取得されます。

Source : Andrzej Mackowiak

6.FAssetsシステムの利点

FAssetsシステムは、スマートコントラクトを持たないトークンの価値と流動性を大幅に向上させる可能性があり、成長する分散型ファイナンス(DeFi)領域への広範な参加の扉を開きます。

主な利点には以下が含まれます:

  • フレア統合:スマートコントラクトを持たないトークンをフレアネットワークにシームレスに転送し、安全なスマートコントラクト環境で使用できます。
  • ダイレクトシステム:仲介者の必要がありません。
  • 新たな可能性:スマートコントラクトを持たないトークン保有者に、DeFiやNFTのような分散型アプリケーション(dApps)へのアクセスを開きます。
  • クロスブロックチェーン転送:他のブロックチェーンへの資産の転送を容易かつ安全に行えます。

その革命的なアーキテクチャとセキュリティおよび報酬システムへの革新的なアプローチのおかげで、このシステムにはユーザーに間違いなく評価される多くの利点があります。多くの利点の中でも特に言及できるのは:

  • セキュリティ:FAssetsはネットワークのネイティブトークン(FLR/SGB)、安定コイン、またはETHによって保護され、詐欺や盗難のリスクが低減されます。
  • 流動性:FAssetsは分散型取引所で取引可能であり、他の資産と簡単に交換できる流動性を持ちます。
  • 相互運用性:FAssetsは異なるブロックチェーン間で転送可能であり、より多くのユーザーがアクセスできるようになります。
  • スケーラビリティ:FAssetsはスケーラブルに設計されており、大量の資産を表現することができます。
  • 手頃な価格:FAssetsの使用コストは比較的安価です。

システムのアクティブユーザーは、この機能を持たないトークンにEVMを可能にする明白な利点を超えて、FAssetsを作成することの利点を確実に評価するでしょう。主な利点には以下が含まれます:

  • FLRトークンの形での追加報酬。FAsset保有者は、ネットワークのインセンティブ報酬プール(クロスチェーンインセンティブプール)からFLRトークンを受け取ります。
  • DeFiへの参加能力。保有者はDeFiに同時に参加し、追加収入を得ることができます。(例:DEXの流動性プールにFAssetを追加する、または貸付プラットフォームで利用する)
  • 基礎資産で収益を得る能力。受け取ったFLRトークンは月次エアドロップの対象となり、FTSOに委任されたり、ステーキングされたり、FAssetsの担保としてシステムに提供されて基礎資産(例:XRP、BTC、Doge)から手数料を稼ぐことができます。
  • FLRトークンの価値の増加。FAssetsのミンティングに対する需要が高まるほど、FLR/SGBの形でのより多くの担保がシステムに必要とされ、これが最終的にネイティブトークンの価値の増加につながります。

現在、ブロックチェーン市場全体の価値の三分の二がスマートコントラクト機能を持たないネットワークに閉じ込められています。その結果、彼らはDeFiやNFT市場に参加することができず、dAppsをホストする能力さえも持っていません。FAssetsシステムは、システムに接続されたネットワークにスマートコントラクト機能を追加します。これにより、より広範なコミュニティが安全で、手頃な価格で、スケーラブルな方法で分散型経済に参加できるようになります。

7.FAssetsの現状

FAssetsシステムは現在、プライベートテストフェーズにあり、CostonおよびXRPテストネットワーク上で複数のエージェントを含むテストシナリオを追跡するツールが開発されています。

テストは今年の第1四半期に完了する予定です。次のステップは、システムをソングバードカナリアネットワークに実装し、実際の条件でテストすることです。システムは、2024年の第3四半期末から第4四半期初頭にかけてフレアメインネットで稼働する予定です。

FAssetsシステムテストの元のロードマップは以下の通りです:

フェーズ1:このフェーズでは、FlareLabチームがFAssetシステムのすべての役割(ミンター、リディーマー、チャレンジャー、清算人、エージェント)の機能をテストします。

フェーズ2:選択された外部パートナー(現在の#FTSOデータプロバイダーを含む)がプライベートベータテストに参加します。

フェーズ3:シナリオテスト。システムは制御された環境でテストされます。

フェーズ4:競争的テスト。システムはオープンな環境でテストされます。パフォーマンス報酬が期待されます。

フェーズ5:フィードバックとアップデート。システムは更新および検証されます。

8.おわりに

画期的なソリューションを徹底的にテストし、段階的に実装するには時間がかかります。そうでなければ、一つのエラーがその採用と最終的な成功のチャンスを危うくする可能性があります。FAssetsシステムのような革新的なソリューションを構築することは、極めて困難で複雑な作業であり、以前に証明されたプロトコルの適用と適切なセキュリティシステムの設計が必要です。

フレアチームは、最小限だが賢明なマーケティング戦略にもかかわらず、計画に一貫して取り組み、FAssetsシステムの創造を最終的に可能にするソリューションの構築、テスト、および展開を行ってきました。この成功は、コミュニティの関与なしには不可能でした。コミュニティは、フレアネットワークトークンを使用して提供されたソリューションのテストに積極的に参加し、チームを支援しました。

現在の規制環境は、プロジェクトに害を与えない最適なソリューションを見つけることを要求しました。現在の規制気候に適合するために、フレアチームはプロジェクトの基盤を確立し、不必要な法的問題にさらされることなく構築する時間をかけました。これには、トークンの分配方法の変更や、FAssetsを第三者によって構築する決定、または会社の本社を英国からドバイへの変更などが含まれます。

現在の市場の投機サイクルとフレアネットワークの開発はまだ初期段階にあります。このネットワークの潜在能力を早期に認識する人々は、確実に報われるでしょう。これらの報酬は、FTSOの委任報酬、ステーキング、月次エアドロップ、将来的にはFAssetsシステムへの資産提供からの利益など、さまざまな形を取ることができます。これらの場合すべてにおいて、複利の使用が重要な役割を果たします。

プロジェクトの基礎は日々強化されており、元々のアイデアが段階的に成功裏に実装されています。これは将来的にも間違いなく投機的な利益として解釈されるでしょう。しかし、個人的には、フレアネットワークの基盤がより重要です。ヒューゴのチームは、次世代の相互運用可能なブロックチェーンの基礎となる持続可能で堅固なシステムを構築しています。このプロジェクトを無視することは誰にもできません。

FAssetsシステムソリューションは間違いなくフレアネットワークに価値を加え、当初はBTC、XRP、DOGEを含む基礎資産への需要を増加させるでしょう。これにより、システムに参加して自身の資産で収益を上げたいと考える異なるネットワークのユーザーがさらに多く引き寄せられます。FAssetsシステムを使用するネットワークのネイティブトークン(FLRおよびSGB)も利益を得るでしょう。その多くがシステムを保護するためにロックされる可能性があります。

フレアは、市場資本化の面で間違いなくトップ10の位置を確保するに値します。しかし、エコシステムの健全性のために、これがFAssetsのようなソリューションの有用性によるものであり、単なる純粋な投機ではないことが重要です。

フレアチームは、2024年末までにプロジェクトの元の前提をすべて届けることを約束しています。X(元Twitter)では、このコミットメントを促進するハッシュタグ #ShipEverythingを見ることができます。彼らが成功すれば、今年はネットワークの最初から関わってきたすべての人だけでなく、暗号通貨コミュニティ全体にとってもエキサイティングな年になるでしょう。約束された機能を提供することは、フレアネットワークを重要なプロジェクトにし、現在のブロックチェーン間の相互作用の方法を根本的に変えるプロジェクトになるでしょう。

つづく…

リソース:

https://flare.network/fassets/

https://github.com/flare-labs-ltd

Layercake/docs/yellow-paper.md na stronie głównej · flare-labs-ltd/layercake · GitHub

https://medium.com/@focusfcx/flare-network-explain-it-to-me-like-i-am-5-years-old-ab1ba3593810

https://flare.network/beta-testing-of-fassets-has-commenced-on-flares-coston-testnet/

https://twitter.com/FlareNetworks/status/1730935385688252759

https://github.com/flare-labs-ltd

Delta Neutral | AwesomeFinTech Blog

Harnessing Price Relationships: Statistical Arbitrage Strategies with Delta Neutral Positions in DeFi | by GOKE ADEKUNLE; #Wolfwords | Medium

Delta Hedging: Definition, How It Works, and Example (investopedia.com)

https://x.com/FlareNetworks/status/1753773857045946394?s=20

2024 FCX Focus All Rights Reserved