Blog

なぜこれほど時間がかかっているのか? FAssetsシステムがついに到来!

ソース:Lensgo.aiで生成された画像

著者:アンジェイ·マコヴィアク04.12.2023r.

イントロ

創設以来、フレアネットワークは信頼できるブロックチェーン相互運用性を可能にするという使命に揺るぎない献身を示してきました。この使命の主要な目標は、スマートコントラクト機能を持たない資産にその機能を追加することにより、孤立したブロックチェーンから価値を解放することです。このパラダイムは、第三者がシステムを危うくすることがないように保証します。

フレアのチームは、ブロックチェーン相互運用性の課題に取り組むために独自のアプローチを採用しました。既存のブロックチェーンを基に構築するのではなく、プロトコルにしっかりと根ざした核となる機能を備えた独自のレイヤー1ソリューションを導入することを選択しました。この着実で方法的なアプローチは、過去数ヶ月にわたって目撃した顕著な進歩によって証明されたように、一貫して安定した開発をもたらしています。

このアプローチは、多くの場合、大きな目標や根拠のないハイプを本物の進歩よりも優先する多くの暗号プロジェクトとは鮮明な対照を成しています。

Flare Time Series Oracle、State Connector、そして間もなく登場するLayerCakeといったプロトコルの導入と厳格なテストは、フレアネットワークが目指す目標であるシームレスかつ信頼できるブロックチェーン相互運用性の実現への道を開くことになります。

最近、FAssetシステムの進捗に関する最新のアップデートが公開されました。このシステムは、フレアネットワークへの大幅な価値の流入を可能にすることが期待されています。これは、XRP、BTC、DOGEなどの非スマートコントラクトトークンをフレアに持ち込み、このネットワーク上のスマートコントラクトで信頼できる形で使用し、他のチェーンに橋渡しすることを可能にします。このシステムを数語で表現するなら、「クロスチェーン担保システム」と呼ぶことができます。

この記事では、FAssetシステム、その構成要素について詳しく説明し、リリースが遅れた理由を解説します。

FAssetシステムについて

https://flare.network

数ヶ月の期待の後、FAssetsについての追加の詳細が明らかにされました。では、FAssetsシステムとは正確には何なのでしょうか?

これは、フレアファウンデーションとは無関係の独立した私的機関であるフレアラボによって開発された革新的で複雑なシステムです。このシステムは、XRP、BTC、DOGEなどのスマートコントラクト機能を持たないトークンをフレアエコシステムとシームレスに統合します。この画期的な技術により、これらのトークンはフレアネットワークの安全なスマートコントラクト環境内で使用できるようになり、他のブロックチェーンへの移動が容易になります。非スマートコントラクトトークン用の多くのラップされた資産システムとは異なり、FAssetsは信頼できるものであり、スマートコントラクトでトークンを使用するために中央集権的な仲介者を利用するリスクがありません。フレアラボのソリューションにより、ユーザーは非スマートコントラクトトークンの潜在能力を解放しやすくなり、

DeFiやNFTなどの分散型アプリケーションで使用できるようになります。これは現在、暗号通貨の主要な使用例です。

FAssetsは公式にはデルタ中立の合成金融商品です。これらの金融商品は、デルタがゼロに保たれるように特別に設計されています。この文脈におけるデルタは、その金融商品の価格が基礎となる資産の価格変動にどれだけ敏感かを示します。その結果、デルタ中立の金融商品は、その基礎となる資産の価格変動に対して抵抗力を持ちます。

FAssetsは多重担保化されています。これは、与えられた金融商品の価値を保証するために複数の資産が使用されるタイプの担保化です。FAssetsの場合、この担保にはネイティブトークン(FLR/SGB)、ステーブルコイン、またはETHが含まれ、最低200%の担保化が必要です。

FAssetシステム内には4つの主要な役割があり、それぞれがシステムの円滑な運用を保証するための異なる責任を持っています。

ミンター/リディーマー:ミンターは基礎トークンを使用してFAssetsを作成する顧客です。リディーマーはFAssetsを返して基礎トークンを取り戻す顧客です。

エージェント:エージェントは、ミンターとリディーマーがFAssetsを作成および返却するのを助けます。彼らはFAssetsを鋳造するために担保をロックします。

リキデーター:エージェントの担保価値が低すぎる場合、リキデーターはFAssetsを償還することによってそれをバランスに戻すのを助けます。

チャレンジャー:エージェントがシステムを誤用した場合、チャレンジャーはプロトコルに証拠を提供し、エージェントは罰せられます。

FAssetsを使用する利点は以下の通りです:

安全性:FAssetsはネットワークのネイティブトークン(FLR/SGB)、ステーブルコイン、またはETHによって保護されており、詐欺や盗難の可能性が低くなります。

流動性:FAssetsは分散型取引所で取引できるため、流動的で他の資産と交換しやすいです。

相互運用性:FAssetsは異なるブロックチェーン間で転送できるため、より多くのユーザーに利用可能です。

スケーラビリティ:FAssetsは多くの資産を表すために使用できるように設計されています。

手頃な価格:FAssetsの使用コストは比較的安価です。

EVMを持たないトークンにEVMを提供することを超えて、FAssetsを鋳造する利点は何ですか?

$FLRトークンの形での追加報酬。FAssetの保有者は、ネットワークの報酬プールから$FLRトークンを受け取ります。(クロスチェーンインセンティブプール)

DeFiへの参加の可能性。保有者はDeFiに同時に参加し、追加の収益を得ることができます(例:DEXの流動性プールにFAssetを追加する、貸し出しプラットフォームでの使用など)。

基礎資産に対する収益の可能性。受け取った$FLRトークンは月次エアドロップの対象となり、その後、FTSOへの委任、ステーキング、またはFAssetsの担保としてシステムに提供して、基礎資産(例:XRP、BTC、ドージ)に対する手数料を得ることができます。

$FLRトークンの価値の増加。FAssetsの鋳造に対する需要が高まれば高まるほど、システムによって必要とされる$FLR/SGBの形での担保が増え、結果として$FLRの価値が上昇することになります。

現在、ブロックチェーン市場の総価値の三分の二は、スマートコントラクト機能を持たないネットワークにロックされています。その結果、彼らはDeFiやNFT市場に参加したり、dAppsをホストすることができません。FAssetシステムは、システムに接続されたネットワークにスマートコントラクト機能を追加します。これにより、より広いコミュニティが安全で、安価で、スケーラブルな方法で分散型経済に参加できるようになります。

FAssetsシステムは現在、Costonネットワークでプライベートテスト中です。テストは来年の第1四半期に完了予定であり、その後、Songbird Canary Networkで実装されます。

FAssetsシステムの主要な構成要素`とは

FAssetsシステムは、Flareのデータ取得プロトコル、State Connector、およびFlare Time Series Oracleによって有効化されています。FTSOは、関与するすべてのアセットに対して分散型の価格フィードを提供し、State Connectorは異なるチェーンで必要なアクションが実行されたことを検証できます。

Flare Time Series Oracle (FTSO)は、Flareスマートコントラクトにタイムリーで正確なオフチェーンデータを提供する分散型オラクルです。これは時系列データ向けに特に設計されたネイティブなオラクルであり、この種のデータを処理することを専門としています。

FTSOは確率的データを提供し、これは真実または正確である可能性または確率に関連するデータです。この種のデータは、将来のイベントや結果に関する予測や推論を行うために使用できます。確率的データの例には、天気予報、株価予測、症状に基づく医学的診断などがあります。

FTSOは、データプロバイダーのネットワークを使用して機能します。データプロバイダーは、分散型または集中型取引所など、さまざまなソースからデータを収集する独立したエンティティです。データプロバイダーからのデータは、FTSOによって集約および検証され、それからエンドユーザーに提供されます。

このプロトコルはFlare Networkの重要な部分であり、スマートコントラクトが現実世界のデータと対話できるようにします。

オフチェーンデータへのアクセスを提供することで、FTSOはFlareの開発者がさまざまな問題を解決できるアプリケーションを構築できるようにします。

State Connector(ステートコネクター)は、FTSOとは異なり、他のブロックチェーンおよびオフチェーンデータソースから確実なデータを提供するプロトコルです。

確実なデータは真実または正確であると知られ、変更の対象ではありません。これは、データが正確に予測および計算できることを意味します。確実なデータの例には、数学の方程式、物理法則、およびコンピュータアルゴリズムが含まれます。バイナリ質問(「はい」または「いいえ」、または「1」または「0」)をする際、確実なデータは正確な回答を可能にします。

ステートコネクターは、他のオラクルシステムと比較して改良されたセキュリティ、柔軟性、および高速処理を提供します。これはFlare Networkの重要な要素であり、他のプラットフォームとの統合や新しいアプリケーションの作成を可能にします。ステートコネクターは、Flare Time Series Oracle(FTSO)プロトコルと連携して、信頼性のある分散型データを提供します。ステートコネクターは他のブロックチェーンの一貫した状態を提供します。

ステートコネクターの主要な強みは、トランザクションの妥当性と履歴を検証する能力であり、接続されたブロックチェーンにおける再編攻撃のリスクを低減します。

LayerCake Protocol(レイヤーケーキプロトコル)は、現在FlareLabsによって開発中です。FAssetsはFlareネットワークで発行されますが、LayerCakeプロトコルを使用して他のエコシステムに転送することができます。このプロトコルは、安全で保護されたクロスチェーン転送を可能にします。LayerCakeは、新しく革新的な方法でブロックチェーン間の資産の転送を実現します。プロトコルの利点は、速度、パフォーマンス、スケーラビリティ、およびセキュリティです。

LayerCakeプロトコルを使用した各転送は、リアルアセットの形で1:1のカバレッジで輸送中に保険がかけられます。このようにセキュリティを使用することで、相手側からの信頼を必要としないブリッジの遅延を最小限に抑えつつ、不適切な行動の場合の保険も提供します。このようなソリューションはまた、ブロックチェーンの再構築に対する保護も提供します。

交換が完了し、ラップドアセットがユーザーのアカウントにある場合、セキュリティは短時間後に解除され、別のクロスチェーン交換に使用する準備ができます。このため、このセキュリティは「バンド幅」と呼ばれ、特定の時間帯でどれだけの価値がブリッジを介して流れるかを決定します。その存在により、LayerCakeはマルチシグ、管理役割、またはシステム内の信頼できるパーティーを必要としないソリューションとなっています。

以下は、LayerCakeプロトコルの具体的な利用例のいくつかです:

異なるDeFiプロトコル間で資産を転送する:LayerCakeプロトコルを使用することで、ユーザーはUniswap、Compound、Aaveなどの異なるDeFiプロトコル間で資産を転送できます。これにより、ユーザーはより幅広いDeFiサービスと製品にアクセスできます。

異なるブロックチェーン間で資産を転送する:LayerCakeプロトコルは、EthereumやSolanaなどの異なるブロックチェーン間で資産を転送するために使用できます。これにより、ユーザーは異なるブロックチェーンの速度、スケーラビリティ、セキュリティなどの利点を活用できます。

クロスチェーンスワップを作成する:LayerCakeプロトコルを使用してクロスチェーンスワップを作成することができます。これは異なるブロックチェーン間での資産の簡単で効率的な交換です。

分散型取引所のための流動性を提供する:LayerCakeプロトコルを使用して分散型取引所の流動性を提供できます。これにより、取引所はユーザーに対して幅広い資産とより良い価格を提供できます。

クロスチェーンゲームを可能にする:LayerCakeプロトコルは、ゲーマーが異なるブロックチェーン上のゲームで資産を使用できるようにするために使用できます。

クロスチェーンペイメントを許可する:LayerCakeプロトコルは、ユーザーが異なるブロックチェーン上で異なるデジタル通貨で支払いを行うことを許可するために使用できます。

まとめ

画期的な解決策はしっかりとしたテストと段階的な実装に時間が必要です。それ以外の場合、何かがうまくいかないと、革命的な解決策を導入する唯一の機会が1つの間違いで台無しになる可能性があります。FAssetsのような革新的なシステムを構築することは、多くの側面でうまく機能し、テストされた以前のFTSOおよびState Connectorプロトコルを使用するという、かなり複雑なタスクです。生態系の安全性のために、ゆっくりと段階的な成長が不可欠です。Flareチームは、最小限の賢明なマーケティング戦略で、最終的にFAssetsシステムの構築を可能にするプロトコルを構築し、テストし、導入しました。

現在の規制環境も間違いなく、プロジェクトに損害を与えない最適な解決策を見つける必要がありました。チームはプロジェクトの基本を確立し、規制上の懸念を全く考慮せずに構築する時間をかけました。これは、Flare Networkが現在完全に分散化されているためです。

これまでのところ、市場の投機的なサイクルとFlare Networkの開発の両方において、私たちは初期段階にあり、ネットワークが持つ潜在能力を見る人々は確実に報酬を受けるでしょう。FTSOへの委任への報酬、ネットワークへのステーキング、月次エアドロップなど、ネットワークで利用可能なさまざまな種類のインセンティブを活用する可能性を通じて、または将来的にFAssetsシステムへの基盤資産提供によって、報酬を受けるでしょう。プロジェクトの基盤は、元のアイデアが段階的に成功裏に実装されるにつれて日々強化されており、これは将来の投機的な利益につながることでしょう。しかし、個人的にはFlare Networkの基本がより重要であり、それらは強力なままです。Hugo’sチームが、私の意見では次世代の相互運用可能なブロックチェーンの基盤として機能する持続可能で堅牢なシステムを構築しているという事実は、私をこのプロジェクトをサポートする理由として駆り立てます。

FAssetsシステムの解決策は、確実にFlare Networkに価値をもたらし、基盤資産(FLR/SGB/Stablcoins/ETH)の需要を促進し、異なるチェーンからのユーザーを吸引し、資産から収益を得ることを可能にします。Flareは、市場キャップの面でトップ10の場所を確実に獲得するに値しますが、生態系の健全性のためには、FAssetsなどの解決策の入力からくるものであることが望ましいです。ですが、将来のブルマーケットはFlare Networkコミュニティにとって興味深いものになるでしょう。

終わり…

リソース:

https://flare.network/fassets/

https://github.com/flare-labs-ltd

layercake/docs/yellow-paper.md at main · flare-labs-ltd/layercake · GitHub

https://medium.com/@focusfcx/flare-network-explain-it-to-me-like-i-am-5-years-old-ab1ba3593810

https://flare.network/beta-testing-of-fassets-has-commenced-on-flares-coston-testnet/

https://twitter.com/FlareNetworks/status/1730935385688252759

https://github.com/flare-labs-ltd

2023 FCX Focus All Rights Reserved